column配管コラム

column DETAIL配管コラム詳細

水道配管工事はどんな工事?工事費用や工事での注意点もご紹介!

水道配管は、生活に必要なライフラインであり、トイレやキッチンなど各場所に配置されています。
室内に配管を引き込んだり、破損した配管を修理したりと、水道配管の工事が必要なときもあります。

水道配管工事を行うとなれば、どんな工事をするのか?そして費用はいくらぐらいかかるのか?ということでしょう。

この記事では、水道配管工事について解説します。

 
ヒビヤトでは建設現場で設備の配管工事、主に空調設備・衛生設備を行っております。
ご興味のある方は、求人情報をご覧ください。

【採用情報はこちら】
 

水道配管工事はどんな工事?工事費用や工事での注意点もご紹介!

水道配管工事の種類と内容

水道の配管工事は、大きく分けると以下の二つです。

・給水管引込工事
・屋内配管工事

給水管引込工事は、道路に埋めてある水道管を住宅の敷地内に引き込む、水道メーターを設置する工事です。
新築時や蛇口増設時などに行います。

屋内配管工事は、水道メーターからトイレやキッチンの蛇口までの工事です。
水漏れの修理やつまり解消などの工事をします。

水道配管工事内容

工事としては主に、給水管引込工事、室内配管工事、修理、下水排水工事、浄化槽設置工事の五つです。

公道の下などにある水道管から、自宅の水道メーターまで給水管を引き込むのが給水管引込工事です。
新築を建てたときや、リフォームで給水管を交換するときに行います。
給水管引込工事を行えるのは、自治体から認定を受けた水道業者のみです。

水道メーターから室内の蛇口までの配管に対して行う工事が、屋内配管工事です。
こちらも新築を建てたときやリフォームで水回りの設備を追加したり撤去したりするときに行います。
配水管のつまりや、水回りトラブルも室内配管工事です。

給水管や止水栓などと、給水配管を修繕する工事が修理です。
基本的に給水管や給水装置の形を変えずに修理し、水漏れやつまりなどの改善を行います。
水道管の破裂を直す場合も修理です。

室内の排水口から公共の汚水枡まで配水管が通っており、配水管設置などを行うのが下水道排水工事です。
上水道と下水道は繋がっているために、水回りの設備新設や移動を行ったときは、下水道の工事も行います。

排水口の配管が下水道に繋がっていない家では、自宅敷地内に浄化槽を設置します。
この浄化槽を設置する工事が、浄化槽設置工事です。

水道配管工事を行うメリット

水道のつまりや水漏れがあれば、修理すれば改善できます。
建物によっては、水道管の老朽化や配管の口径不足で水圧が足りない場合があります。
そんなときには給水管引込工事を行い、水道管交換や口径変更を行うと水圧を改善できます。

キッチンやお風呂場の蛇口の水が汚いときもあります。
そんな場合は水道管内の掃除でも対応できますが、屋内配管を行って給水管を新しくすれば水が綺麗になります。
特に、水道の水に砂利が混じっている場合や赤水が発生していると、早めの工事が必要です。

 

ヒビヤトでは建設現場で設備の配管工事、主に空調設備・衛生設備を行っております。
ご興味のある方は、求人情報をご覧ください。
【採用情報はこちら】

 

水道配管工事の費用と時間

水道管がどんな状態であり、どんな工事を行うかで、必要な部品や工事時間が違うために工事ごとに費用は変わります。
戸建ての水道配管工事での引込行為は、目安が約30万円です。
公道にある水道管から自宅敷地内へ給水管を引き込みます。
さらに、自治体に給水申込納付金が12万円程度、手数料が1万5,000円程度かかります。

・室内配管工事 : 約10万円
・修理 : 約3,000円
・下水道排水工事 : 約20万円
・浄化槽設置 : 約90万円

浄化槽は一度敷地内を掘り起こし、地下に設置するために大がかりとなり工事費用が高いです。
室内の配管つまりや漏れであれば、数千円の費用で工事を行えます。

給水管引込工事は、自治体での手続きが必要となるので、引き込む配管が短い場合でも申込みからは約2週間時間を要します。
室内配管工事は1日程度、修理は1時間程度で完了します。

水道配管工事は個人では行えない

シャワーヘッド交換や蛇口パッキンの交換、蛇口の交換は個人でも行えますが、配水管を工事するとなれば業者が行わないといけません。
以下の配水管の工事は、業者に依頼します。

・新設
・改造
・修理
・撤去

資格を持っていない個人や無資格業者が上記の工事を行うと、水道が止められる場合や過料が科せられる場合があります。
厚生労働省が認める国家資格である給水装置工事主任技術者を配置しており、水圧テストポンプなど適切な器具を保有している業者に工事は依頼してください。

無資格者が水道工事を行うと、水道法違反に問われます。
各自治体の水道局のサイトから、水道局指定工事店を閲覧できるので、指定業者に依頼すると間違いありません。

中には悪質な業者もいるので、工事を依頼するときは見積もりを取り明細を見て、金額や工事内容に納得してから依頼するようにします。

まとめ

水道配管工事は、新築を建てたときや屋内の水道の漏れやつまりがあったときなど、多くの場合に必要です。
工事費用はどんな工事をするかで違いがあり、工事にかかる時間も工事ごとに違います。
工事を依頼するとなれば、自治体の指定業者に依頼すると間違いないです。

株式会社ヒビヤトでは、水道配管工事に欠かせない配管工を募集していますので、興味のある方はぜひご連絡ください。

 
ヒビヤトでは建設現場で設備の配管工事、主に空調設備・衛生設備を行っております。
ご興味のある方は、求人情報をご覧ください。

【採用情報はこちら】
 

ページトップへ